カウンセラーへの道

医師と患者

もし、誰かの精神的な助けとなりたいと思い、カウンセラーを目指すのであれば、誰もが取得できるような資格を取ろうと目指すのではなく、なるべく名の知られた資格を取ろうと努力をしたほうがカウンセリングを受ける人から信頼を得やすくなります。よく知られている資格といえば臨床心理士や産業カウンセラーなどですが、臨床心理士の資格を得るためには、指定の大学院修士課程を修了してその後、試験に合格しなければ取得できません。そのうえ5年に1度更新するための試験があるのでなかなかレベルの高い資格となります。産業カウンセラーは試験はありますが、大学に通うことをしなくても、セミナーで決められた講習を受けて試験に合格すれば得ることができるので、どのようなカウンセラーになりたいのか自分で考えて目指すと良いのです。

現在ではカウンセラーの資格には国家資格はなく、臨床心理士も含めすべて民間資格です。心療内科や精神科医の場合は医師免許を取得しておりますが、カウンセリングを行なうカウンセラーは医師免許を取らなくても行なうことができますし、カウンセリングの知識を習得して得るための資格を取らなくても、カウンセラーとして働くことは可能なのです。ですが、まだまだ先のこととなるのかもしれませんが、臨床心理士を国家資格に進める話はほんの少しなのですが出ていたりもするのです。なので、本気でカウンセリングを学びたいと考えるのであれば、臨床心理士の資格取得を目指して勉強するほうが、たとえ今が民間資格でありましても、研究を含めた心理学を学ぶことができるようになります。